"地方に行けば行くほど賃貸物件の数が少ないと感じますが、実際には今は数多くの賃貸が地方にもあるのです。
さすがに都心部ほどの量ではありませんが、案外掘り出し物の物件に住むことが出来るケースが多いです。最近のマンションは防音はしっかりしているけど携帯電話の電波が入らないということが多くなっています。
アパートでも立地条件によりましては、届きにくい部屋も確かにあるので、しっかりと契約前に確認をしてください。

 

一人暮らしの多くの方が現在は自宅電話を引くことなく携帯電話だけを使用している傾向にあります。
防音設備が整っている現在のマンションの場合には、全く電波が入らないこともあるようですのでご注意ください。

 

携帯電話の電波が届かないと急な連絡に対応出来ないということで引越しを、検討しなければいけない状況になりかねません。
現地調査で部屋の様子や外見を調査するだけではなく、携帯電話の電波状況もきちんとチェックしておきましょう。"



携帯電話の電波が届かないマンションブログ:18-6-15

一週間前、おれは仕事帰りに足が止まりました。
どこからか猫の鳴き声が聞こえてくるのです。

声に引かれて振り向くと、
今歩いてきた道を一匹の猫が横切りました。

少し間隔を置いて、四匹の子猫が整然と並んで、
一生懸命に追いかけて行きました。
まるでカルガモの親子のように…

彼らは、雑草の茂った空き地に入りました。
遠くから見てみると、母の周りで子どもたちがじゃれています。

なんともかわいい!

年甲斐もなく、
「ミャァ〜」と声を出して呼んでしまいました。
でも、産後のせいか、母はやせ細っています。
乳も出ないかもしれない。

「そうだ!何か食べ物を持ってきてやろう」
おれは走って家まで帰りました。

台所であちこちを探っていると、
嫁に「何をしてるの」と聞かれました。

事情を話したら
嫁に怒られてしまいました。

「餌なんかやったら、そこに居ついてしまうでしょ。  
近所の家では、猫が嫌いな人もいるだろうし、   
そういう無責任なかわいがり方をしちゃだめよ!」

そういえば、
おれの家の庭でも
猫がふんをして臭くて弱っています…

「でも、あのままじゃ死んじゃうよ〜!!」
いい歳をして、子どものようなことを言っている自分に驚きました。

でも、嫁の言うことが正しい。
責任を持って飼うことができない以上、
中途半端な温情は禁物なのです。

そして翌8時。
嫁が「一度だけなら」と、
煮干を差し出してくれました。

「わかった、一度だけ」
と答えて、雨の中を空き地へ走ります。

そこに彼らの姿はありませんでした。
何度も辺りを見渡したのですが…

雨が強くなってきました。
どこかで雨宿りしていることを祈り、
後ろ髪を引かれつつ家に戻りました。