"まず賃貸探しで最も大切なことは、不動産屋選びでありここで失敗をしてしまいと良い物件に出会うことが出来ません。
賃貸物件を多く抱えている不動産屋を選んで、親身になって考えてくれる従業員の元協力して探していくようにしてください。民法で敷金とは、借り手の債務を担保するために、貸し手に渡すものとされています。
決められていることなので拒否をすることは出来ませんが、最近では資金ゼロの物件も多く出てきています。

 

敷金とは貴方が管理者である大家さんに預けておくお金となります。
最終的には戻ってくるお金であり、家賃の滞納分や部屋の修復費として使用されます。

 

敷金は決して紹介してもらった不動産屋に支払うものではありません。
資金を不動産屋に対して支払っているかと思いますが、不動産屋から大家さんに後で渡されています。"



敷金について理解をしておこうブログ:17-12-25

おいらのママや祖母は、
すごく料理が好きでした。

おやつはいつもママの手作りで、
好物と言えば、最も古い記憶にあるのはマドレーヌ。
当時にしてはとてもモダンなおやつだったと思います。

もっと驚くのは、
ママにとっての「おふくろの味」が
タンシチューであったこと。

ママの時代でさえ店頭には今みたいな薄切りのタンはなく、
一本丸ごと注文して
ずんどう鍋でコトコト煮ていたのですから、
祖母の時代はなおさらのことだったと思います。

ママも生クリームを
牛乳屋さんと交渉して手に入れていたとよく自慢していました。

しょっちゅうママが作ってくれた料理は
ジャガイモの「ニョッキ」。

大きくなってから
本場イタリアンのニョッキとは全然形が違うことを知って、
びっくりしました。

おいらの頭の中では
ニョッキといえば白玉団子のように円盤形でした。

どこで作り方を知ったのかママも覚えていないのですが、
あれのルーツを知りたいと今も思っているんです。

もう1つおやつで大好きなのがシュークリーム。

ママに教わってよく作っていたのですが、
お子さんの頃、どうしてもチーズケーキくらいの
特大シュークリームを作りたくて挑戦し、
大失敗したことがありました。

その時は機械を使わず、
人の手で生地に混ぜこめる卵の量に
限界があるなんて知らなかったんです。

卵がなかなか入らず、
ついにはすり鉢やスリコギまで登場…
結局、ふくらんだと思ったらペコっと落ちてへこんでしまい、
これにはお子さんながらに大ショック!

自信満々だっただけに、
今でもその経験はトラウマになっているほどです。