"転勤や家庭の事情によって引越しをすることになった時、持ち家ではどうしても気軽に引越しをするワケにもいきません。
しかし賃貸物件でしたら、最低限の手続きと荷物の移動だけで気軽に引越しをすることが出来るのです。毎月の支払いに余裕があれば話は別ですが、一度借りた部屋の家賃は下がらないのは当然のこととなります。
収入が減ってしまったとしましても、家賃に変化はありませんので、収入に見合った家賃の物件を探すようにしてください。

 

どのタイプの方にも共通の注意点があり、それは希望の家賃より高い物件は絶対に見ないという事です。
少しでも興味を持ってしまうと、家賃を上げて経済的に苦労をしてしまうようになってしまうのです。

 

賃貸物件選びでは設定した家賃を上げるのは最終手段だと考えてください。
不動産屋の担当者に「少々家賃を上げて探してみてはいかがでしょうか?」と言われても、予算の変更は最終的な手段として残しておくようにしてください。"



家賃の上限は決して崩さないでブログ:18-5-24

減量をするときの鉄則と言えば…
「規則正しい食事」と「適度な運動」ではないでしょうか?

「規則正しい食事」というのは、イメージすることができますよね。
でも「適度な運動」の「適度」って、難しくないですか?

とりあえず、
普段、決まった運動をしたことがないという人が筋トレをする場合には、
いきなり大きな負荷をかけないようにしましょう。

早く減量効果を実感したいという気持ちはわかりますが、
怪我をして、長期間肉体を動かすことができなくなってしまっては、
元も子もありませんので、
最初のうちは、肉体に優しい運動をするようにしましょう。

スポーツジムなどにある運動器具を使う場合には、
「やや軽いのでは?」
というくらいの負荷から始めることをお勧めします。

とにかく、自分の肉体に
運動をするという習慣をつけることのほうが先決です。
そこから慣れてくれば、徐々に回数を増やしていけば良いのです!

筋トレをするときの回数についてですが、
連続して20回程度反復運動をすることができるくらいの
負荷で行うということが目安になります。

まずは、運動することに慣れることが大切です。
そして肉体が慣れてきたら、徐々に負荷を上げていきましょう。

筋肉を少しつけたいという人は、
10回前後運動をして、
もう続けられないというくらいの負荷をかけると良いみたいです。

筋トレを行うときのポイントは、
自分の持っている力をすべて出し切ることにあります。

すると、筋肉の量が増し、
効率よく脂肪を燃焼させることができるので、
それだけ減量効果も期待できますよ!