"転勤や家庭の事情によって引越しをすることになった時、持ち家ではどうしても気軽に引越しをするワケにもいきません。
しかし賃貸物件でしたら、最低限の手続きと荷物の移動だけで気軽に引越しをすることが出来るのです。毎月の支払いに余裕があれば話は別ですが、一度借りた部屋の家賃は下がらないのは当然のこととなります。
収入が減ってしまったとしましても、家賃に変化はありませんので、収入に見合った家賃の物件を探すようにしてください。

 

どのタイプの方にも共通の注意点があり、それは希望の家賃より高い物件は絶対に見ないという事です。
少しでも興味を持ってしまうと、家賃を上げて経済的に苦労をしてしまうようになってしまうのです。

 

賃貸物件選びでは設定した家賃を上げるのは最終手段だと考えてください。
不動産屋の担当者に「少々家賃を上げて探してみてはいかがでしょうか?」と言われても、予算の変更は最終的な手段として残しておくようにしてください。"



家賃の上限は決して崩さないでブログ:18-1-01

一見、ちゃんとした料理なのに、
子供の咀嚼回数が減ってしまうのは、
ママが料理で野菜を細かく切り過ぎてしまうからである。

野菜を細かくしてしまうと、
食物繊維が粉々にされるので、
子供はそれほど噛まなくても飲み込むことができてしまう。

そのため子供はろくに噛みもせず、
食べ物を流し込んでしまうのである。

まず要注意なのは、カレーライス。
カレーライスを作る時に、人によっては野菜を細かく切り過ぎてしまい、
子供はカレーライスを飲み込む以外に手がなくなってしまうのだ。

野菜を細かく切るからこそ、
カレーライスが飲み物になってしまうのであって、
きちんとした食べる事にするためには、
野菜を大きく切って飲み込めないようにした方がよい。

シチューも同じことであって、
野菜を細かく切り過ぎてしまうと、
シチューを口に入れた際、
全然噛まなくてもいい状態になってしまう。

高級レストランなら、
そういう料理が出されれば美味しいと思えるが、
家庭料理でそのような料理を出そうものなら、
ママとしては失格なのだ。

美味しい料理を出すだけでなく、
その料理を子供がどのようにして食べるかまで想像できなければ、
子供にきちんとした愛情を注ぐことはできないと思う。

ママとしては
毎日食べる事を作らなくてはならないので、
安易に子供の要望に応えてしまう危険性がある。

でも
子供の顎を鍛えるためには、
子供の好きな料理を出し過ぎてはいけない。

子供は楽して食べられるから、
どうしても柔らかい料理を好む。

子供に堅い物を食べさせ続けるためには、
1ヶ月単位で献立を作っておくべきである。

毎日思いつきで料理をするのではなく、
料理の計画表を作っておけば、
食べる事のネタに困ることもない。